先週のダービーは私の記憶に残るレースとなりました。1コーナーで諦めたのは久しぶりだったw


安田記念


この雨馬場で過去の傾向云々は度外視。


重以上の馬場は適性が第一だと思っていて、そこは主観で選択。


ジャスタウェイという現役最強馬がいるだけに適性がどうであろうと無印にはできない。同馬は秋天のパフォーマンスが圧巻すぎて、指数も跳ね上げ過ぎ。このクラスの指数というのも、近年ではオルフェーヴルに次ぐ指数。それより遡ってディープインパクトかなってぐらい。きちんと調べていないので断言はできませんが。とにかく、秋天以降とそれまでのレースは別物と考えたいぐらい。
こんなに跳ね上げた馬というのも最近では記憶になく、JCに出てくれば単勝ドカンというつもりだった。でも中山記念ではドカンしていないw後悔しかないのです。本命でしたけれども。

そんな馬が父ハーツクライで雨適性も高そうだなぁと思うと消せるはずもなく、先週のような八百長紛いのファンタジー騎乗をしなければ馬券外というのはちょっと考えづらい。

馬場面という視点で考えると、直線は内目の馬場を通らないケースが目立ち、馬場の真ん中辺りを走るケースが目立った。それだけに、前目の馬が直線で真ん中を狙い、その後ろの馬が馬場の外辺りを狙うという形になるのかな。それだと、追い込み近辺の馬は突く場所が見当たらず、後方すぎるとドモナラズという馬場状態に感じる。
そういう馬場だけれども、道中は内目を通っているのも目立ち、内枠馬も好走している。内枠だから割り引く必要はない、むしろ、外枠の方が割り引きとさえ思う。

ジャスタウェイの能力面を絶対的信頼し、善臣先生が中枠で中団待機で直線外へ持ち出すのかな?まぁそれで馬券外なら完敗。通るコースを考えると、10番手ぐらいまでが限界かもしれない。それより後ろだと詰まるかロスが多過ぎってなるかもしれない。


ジャスタウェイの評価はここまでとして、他馬へ。


見た瞬間に目が止まるのがグランデッツァ。

圧勝レコードと誰でもわかるけれども、中身も濃い。濃すぎて衝撃を受けたぐらい。
勝つだけでも中身が濃かったのに、圧勝というおまけ付きが濃さをさらに濃くした。

相手は近年でも最強クラスのジャスタウェイと分が悪いが、グランデッツァの前走は強かったと見られていても、滅茶苦茶強かったな、相手はこの1頭だなとまでは思われていないと考え、前走の内容から好位から進めると仮定し、馬場も中を通れそうと絶好なのでオッズ差も考慮して一発の目で考えたい。

ただ、父アグネスタキオンで重以上はどうか?これは目を瞑っているのが正直なところ。調べてみると、悪くもないが良くもないという重以上の成績。でも、同馬自体に重実績があることで目を瞑った。

◎グランデッツァ

相手はもちろんジャスタウェイ。
3連系を狙うかはもう少し考える。候補はカレンブラックヒル、ホエールキャプチャ、ダノンシャーク、ショウナンマイティ、フィエロ、クラレント。(15:40追記)エキストラエンドを追加。

でも、今週から3単は安くなったんだよなー。



↓↓↓【押すぜぇ〜超押すぜぇ〜】↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ