NHKマイルC

マイル戦はどこから考えるべきか?ってのが自分自身で掴めていないので星間飛行しますwwwと、戦略的撤退を考えたい局面だけど、一応考えました。

掴めていない以上、勝負することはないので選択としては堅い馬券よりも荒れる方でしょうか。

手っ取り早く私の指数から考えてみたのですが、どの路線も例年より低く、人気(能力)が信用できるのか?という疑問が付け入る隙ってところでしょうか。
レベルが低くてもどこかにそうじゃないレースがあるのですが、ここまでどんぐりの背比べだと全てのハードルが下がって結局人気馬かよってオチになるのかもしれませんが、積極的に人気馬を買いたいとならないならその筋は捨てましょう。

これがフラグ専門家というものです。ガチガチ馬券の方、おめでとうございます。

過去、指数を伸ばしてくるパターンとしては毎日杯からの臨戦が多いのですが、近年はアイアンルックやマウントシャスタが不発。

ここが勝負手になる局面だと思うので長考したくても、早予想戦なので直感勝負ですw


◎ガイヤースヴェルト

これが第一感。ただ、勝ちきれるのか?となると不安もある。でも他を選択しても不安なので、悪手を考えないというところを重視したいと思います。



あくまでも荒れるという前提で考えてますのでこれ以下の評価が大事な訳です。



ということで相手探しの雑談。


第一感は血統でフジキセキ。


うん、いないねw


過去の1200m、1400m臨戦馬は内容が良い馬が2頭とフジキセキ。

次は朝日杯上位組。レベルってことですね。

次は皐月賞を挟むとパフォ低下傾向。跳ね返したのはローレルゲレイロぐらいか。

次はNZTのどれか。ここは何だかんだで1頭絡むのが多い。ただ傾向があまり掴めず。睨めっこしていると、出遅れ馬が巻き返している。リアルインパクトは出遅れずに巻き返し。ただ、同馬のNZTは阪神開催!しかも朝日杯の指数は良い。例外というか狙えなくはない。出遅れは中山マイルだと致命的で例外扱いできるというところでしょうか。

後はクラレントのパターンですか。皐月賞と弥生賞の差は仕上げの差と仮定すると、間隔開いて立て直すのは本賞金が足りているというのもあるので極端に悪いってことでもないのかな。でも共同通信杯直行は人気で不発だったり、スプリングSは成功だったりで判断が悩ましい。

↓↓↓【押すぜぇ〜超押すぜぇ〜】↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ