このページは5秒経つと自動的にhttp://shirofune1027.blog.jpに飛びます。

第一感競馬予想

直感の7割は正しい。ラップを軸に、馬場・適性・臨戦・血統等から分析。
◎は1着馬予想です。

2013年04月

【予想】天皇賞・春

天皇賞・春

私の本命馬的中の道も今回で大団円を迎えることになりそうですw

詳細に色々書く必要ありますかね?誰でも上位評価できるだろうし、人気ですしおすし。

◎ゴールドシップ

一応ざざっと。

春天(天春は認めない)のポイントはロングスパートだと思っていて、ひたすらそういう馬を買うことにしてます。これで穴馬を結構拾えるのです。ビートブラックは無理ですけどね。

で、ゴールドシップはロングスパートというよりロングローングスパートタイプという認識。こういう馬は外国へ行ってくださいと言いたいぐらいなのですが、まっ、それは置いといて、ロングスパートとどう違うのか?というと、さらに持続力が問われるとしか言いようがありませんw

後は本当にロングローングスパートになるのかロングスパートでガッチガチ決着なのか?ってところですが、まぁこの断然人気、高速馬場というところを考えると3〜4コーナーで5番手前後にはいるだろうと決め付ける。

その前からスパートして断然人気が動いて無視できるのかは騎手の判断力次第としか言いようがありませんが、人気していると勝ちを狙いたくもなるでしょうから体が反応して我慢できないのではないでしょうか。

そこで、ゴールドシップが人気になってからの近4走を見ればわかるように、ゴールドシップが動いても動かなかった馬の好走率が高いです。逆に先行タイプは壊滅状態です。これがロングローングスパートの特徴であります。

今回、ロングローングスパートになるかはわからないのですが、なればヒモ荒れの可能性が高まると思うので、そちらを考えたい。

あれ?いつの間にかゴールドシップの評価から相手の評価になってるwまっ、いいや。

第一感はデスペラードとアドマイヤラクティだったのですが、5人気と4人気で我慢するのか半信半疑。ここは持ち時間を使って長考するしかないのです。

我慢というかゴールドシップには敵わないと割り切れるぐらいの人気が好ましいのです。あくまでも漁夫の利作戦で人気馬がゴールドシップにガチンコで挑んでラスト1ハロンで失速し、画面外から突っ込んでくるという作戦ですから。

長考の結果、前走ロングスパートで勝ったのになんでこんなに人気がないのだろうということで、レッドデイヴィスを。我慢ができる人気だが、外枠とセン馬であるように気性が不安ではある。でも、それを無視できるオッズだと思う。

○レッドデイヴィス




↓↓↓【押すぜぇ〜超押すぜぇ〜】↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

【予想】皐月賞

皐月賞

埃が積まったマイデータファイルから勝つ馬という視点で抽出すると、

レッドルーラー
エピファネイア
カミノタサハラ

この3頭から選択することになる。他の馬が勝ちきったら現状ではどうしようもないので諦められる。


ここからの三択で昼食を挟んだ長考。もうおやつの時間も挟みました。

エピファネイアじゃないか?エピファネイアじゃないか?と何かが囁いてくるのですが、どうもそれは悪魔の囁きに感じているので、これは止めておこう。レッドルーラーは少し気になる点があるので、今回はそれがどうなるかサンプルも兼ねています。だから完全に信用するべきか?というのは不安がある。


◎カミノタサハラ

↓↓↓【押すぜぇ〜超押すぜぇ〜】↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

【予想】桜花賞

桜花賞

G1ですし、思ったことをざっと書いて予想の結論を導こうじゃないか。本命馬が勝つまでG1戦は続けよう。高松宮記念からそういう考えでいたんだけど、馬券は締め切られたので更新する気にならなかったw

07年〜外回りになってペースは緩む傾向に。チューリップ賞、阪神JFもその傾向。

そこで特にペースが締まった08年桜花賞(レジネッタ)、12年阪神JF(ローブディサージュ)は3番人気内馬壊滅の大波乱。07年阪神JF(トールポピー)もペースは早かったが上位人気は走り、ヒモ穴が突っ込んできて中荒れってところか。
前年の阪神JFで好走馬が桜花賞で壊滅ってのはあまりなく、トールポピー年だけだったりする。
それが桜花賞はペースが緩んで云々〜っていう単純な理屈なら予想時間短縮で助かるぜwってな具合だけど、その桜花賞はレジネッタの08年なんですね。1着トールポピーは不発、2着レーヴダムールは出走できず、3着エイムアットビップは前行って自滅、4着オディールも不発、5着シャランジュも不発。そして、6着レジネッタが炸裂、17着エフティマイアも炸裂。
で、レジネッタ、エフティマイアというのは阪神JFで先行敗退組。オディールもそうなんだけどね・・・。厳しい流れだったので着順度外視してもいいぐらいの心構えで。
この08年桜花賞は色々と考えさせられる結果だっただけに、後々の私にとって大いなるサンプルレースだったりします。

結果論としては08年は色々と複合的に噛み合っての大波乱だと思ってますので、単純に阪神JFで先行敗退組を買えばいいって結論にはできないのです。

まっ、07年〜08年はこの程度にして、漁った理由は去年の阪神JFは過去一番厳しい流れだったことです。阪神JFや桜花賞としては予想しにくいペースってことです。

桜花賞もそんなペースになるのか?ってのが私にとって第一の関門。

どうも出走メンバーを見ていてそう思えないんですよね。どの前哨戦も厳しくならなかった。レジネッタの08年はフィリーズレビューやアネモネSは締まった流れでした。
チューリップ賞は外回り以降常に緩んでいるので省くとして、フィリーズレビューは例年より緩み、アネモネSはやや緩んだってところか。クイーンCも含めば同レースも緩んだ。
こうなればペースが締まる要因はクロフネサプライズが1人気だからということぐらいしか思いつかない。でも、10年桜花賞は3番人気内馬が5番手内の競馬をしたのにペースが締まらなかったのです。毎回そうなるとは思いませんが、そのアパパネの10年桜花賞も前哨戦が緩んだレースばかりだった。


ということで、今年は早くならないという大前提のもと予想を進めたい。

緩まなかった桜花賞と言えば、07年のダイワスカーレットと10年のアパパネ。

その年は、どちらもチューリップ賞組が上位独占。緩みやすいチューリップ賞からリンクしたと単純な考えでいいのでしょう。多少の着順の逆転はありましたが。
他のレースよりチューリップ賞にアドバンテージがあると考えます。


今年のチューリップ賞もきっちり緩み、このレースを出走した馬から本命馬を選択したいと思います。

チューリップ賞でクロフネサプライズに決定的な差を見せ付けられたと思うので、逆転不可という判断。私の指数では相当高くもあり、1倍台の1人気じゃないの?ってぐらい。
逃げられなかったリスクを考えてみたけど、逃げ後で逃げられずに厳しい流れの阪神JFで2着だったのだからここは逃げれなくても対応できるとも思っている。でも、武豊が控えて差す競馬ならどこにもいない可能性は否定できないが。
昨日の芝レースを見ていると、誰も内を通らないという状況なので外が伸びるだろうから好位差しとか欲張らず、枠なりに外目を通りながら先行し、直線で内を通らずギリギリ良いところを走る方が確率としては高いと思う。
レースを見ていると並ばれてからもしぶとく、単なる逃げ馬にも思えなかった。
他には、阪神JFの内容からフィリーズレビューの方が良かったんじゃないの?と思いながらチューリップ賞を観戦していたのだけど、すみませんでしたっ!ってパフォーマンスだった。それで1200mを走った3戦を見たけど、とにかくしぶといし、新馬は追えなかったのか何かで中途半端な騎乗、小倉2歳Sは詰まってた。
それでも後々の内容からはあまり納得できない部分があるけど、オルフェーヴルだって京王杯2歳Sで惨敗したんだからそういうレースが1つや2つあっても気にしない。

ざっと思いついたことを並べてみたけど、他にも何か書いておきたいことが抜けてるかもしれないけどまぁいいや。これから相手考えなきゃいけないしw

◎クロフネサプライズ

↓↓↓【押すぜぇ〜超押すぜぇ〜】↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ


プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
天候チェック
ついったー
参加中

競馬ブログ・ランキング
↑シロフネで検索!!

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング
アクセス数
ポチってね
各種ランキング
Amazonライブリンク
楽天市場